FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    当ブログの管理人は2010年の社労士試験に合格し、昨年から合格予想をブログに掲載しています。

    で、昨年もこちらに掲載しましたが、なぜ合格予想なんて載せているのか?をご説明します。

    ちなみに昨年のエントリーと内容はかなりかぶりますw

    一昨年なんとか社労士試験に合格する事が出来ましたが、私は選択式2科目(国年・厚年)で救済待ちの状態でした。

    その間、合格発表までずっと落ち着かない日々を過ごしていたんですが、その時すごく心の支えになったのが個人ブロガーの方々の合格予想だったんですね。

    資格学校の合格予想は、膨大なデータを分析した結果なのである程度信頼できる部分もあるんですが、残念ながらキレが悪いんですね。

    25点前後という言い回しだったり、救済科目の予想が極端に少なかったり・・・

    当然あまり言い切ってしまって後々クレームを受けるのは面倒なので、立場のある資格学校としては仕方が無いところです。

    ですが、個人ブロガーの方々のスパッとキレのある予想は、自分的にはかなり救いになったことを覚えています。

    そのため、救済待ちや合格ライン上の方々のストレスを多少なりとも解消できれば!と思い、合格した瞬間に翌年の合格予想をすることを決めていました。

    とはいえ合格ライン予想なんて、あくまでも予想は予想です。

    誰がどこの資格学校が当たったとか、誰がどこの資格学校がハズれたとか、そんな事はハッキリ言ってどうでもいいでしょう。

    それよりも、全問マークシートによる試験形式なんだから、もう少し迅速に合格発表できるような体制に一日も早く改善して欲しいと願います。

    そうすれば、救済待ちの方々が心的負担を受ける時間を短縮することが出来ますからね。

    当方の予想が、どれだけ救済待ちや合格ライン上の方々のためになるかはわかりませんが、少しでも気が紛れてくれれば幸いに思います。


    【2012年第44回社労士試験 合格点最終予想】

    選択式 25点(ただし社一、厚年、健保は2点以上)
    択一式 47点(各科目4点以上)


    *選択式厚生年金の1問目が没問(全員正解)となった場合は変更します。


    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング



    09/25|正しい勉強法とはコメント(26)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    厚年は?
    昨年最もニアピン予想をした銀次郎さんが、厚年選択の出題ミスがあったにも関わらず、4択は救済ないという出題者のメッセージだということで厚年の救済なし、社一に加えて調整用として雇用、健保の救済ありとの予想をたてていますね。
    やはり、厚年の救済は微妙なのでしょうかね?
    私もそうですが厚年が救済されないと、昨年の
    労一のように、泣く人が大勢でますね。
    From: 救済待ち * 2012/09/25 17:37 * URL * [Edit] *  top↑
    厚年で泣く人が大勢でる哀しい予感がします。
    私も厚年2点組。
    4択だったからという理由で救済がないとは思えませんが、井出塾の先生の話では、4択だから救済されないのではなく、大半が塾生のデータを元に算出した平均値より、全受験生のデータだと20択の科目よりも4択ゆえに平均値が上昇する可能性が明らかに高いので、場合によっては救済されないことが予測されるという話でした。
    実際のところ平均値に忠実に救済科目が決定されているとみているようでした。
    学習が進んでいる人にとっては、4択問題で足切点を取れるかどうかがかなり重要になってくるということになります。
    たまたま4択問題だけで3点を取れなかった場合、極めて不運ということになってしまいます。
    そういうことを考えると4択問題の1点はかなり重みを増してしまい、かえって科目ごとの均一さが欠けて不公平な結果を招いてしまうことになりますね。
    試験委員には改めて考え直してほしいものです。

    そんなことより、予想屋の銀次郎さんも、あんまりあてにならない気はします。
    なぜなら、設問①の出題ミスを重大だとしておきながら、そのことには今は触れておりません。いい加減な気がします。

    まだ、結果が出たわけではありませんので、奇蹟的に厚年が救済されて、合格できればいいですね。

    今は、祈るしかありません。
    From: 受験生 * 2012/09/25 19:10 * URL * [Edit] *  top↑
    最終予想
    2度目の予想です。
    大原の最終集計結果とユーキャンのデータを入手しましたので、若干修正します。

    【前回予想】
    選択 25点(雇用②、健保②、厚年②)
    択一 48点(救済なし)

    なお、私は平成20年度から予想していますが、その結果は下記のとおりです。
    様々なところで予想されていますが、最強の予想と自負しています。

    平成20年
    選択 24点(健保①、厚年②、国年②)
    択一 47点(救済なし)
    →救済科目全て的中。選択、択一1点誤差

    平成21年
    選択 25点(基安②、労災②、厚年②)
    択一 46点(救済なし)
    →選択100%的中。択一2点誤差

    平成22年
    選択 23点(社一②、健保②、厚年②、国年①)
    択一 47点(救済なし)
    →選択100%的中。択一1点誤差

    平成23年
    選択 23点(基安②、労災②、社一②、厚年②、国年②)
    択一 46点(救済なし)
    →100%的中

    ご覧のとおり4年間全て救済科目を100%当てています。23年はパーフェクトです。
    資格の学校や銀次郎さんの予想など信用しない方がいいでしょう。私からしたら失笑です。

    では最終予想です。

    救済科目数:3科目(1点救済は2科目とカウント)
    1点救済:今年はなし
    科目:基安、労災、労一、国年は可能性なし
    →これは前回と変更ありません。

    では、残る4科目のうちどの1科目が外れるかです。

    【社一】
    前回は社労士法からの出題のため、救済基準が上がり救済されないと予想しましたが、大原最終集計結果で2点以下が37%を超えてきましたので、例え社労士法からの出題でも救済基準クリアです。

    【厚年】
    昨年労一が4択で救済されなかったから厚年なしという意味不明な予想が目立ちます。
    昨年少なくとも、4択でなくても労一は救済されていません。(労一救済基準)
    昨年、私は労一は全く救済候補にも挙げていませんでした。4択ということですが、5÷4=1.25のため、1点救済はありませんが(そもそも今回は1点救済基準に至っていませんが)、2点救済はあります。◎です。ご安心ください。

    【雇用】
    大原最終データで17.5%まで上がっています。(健保15.2%)
    ユーキャンでも雇用の方が点数が低くなっています。(TAC、IDEは健保の方が低い)
    過去のデータ分析で大原のデータの信頼度が圧倒的に高いこと。独学者のデータに近いユーキャンでも同様であること。圧倒的多数派を占める独学者のテキストに改正法が反映されていなかった可能性が極めて高いことから、健保より雇用の方が出来が悪いと予想します。

    詳細の分析を書くとあまりに長くなるので、省略しますが、
    私の最終予想です。

    選択 26点(雇用②、社一②、厚年②)
    択一 47点(救済なし)

    あと、管理人さんの予想ですが、毎回詰めが甘いような気がします。

    11月9日にどちらが正しいか、楽しみです。

    From: たか * 2012/09/25 22:41 * URL * [Edit] *  top↑
    予想的中するといいですね。
    銀次郎さんの予想よりたかさんの素晴らしい予想に感謝します。
    この予想なら私もなんとか滑り込めるかもしれません。
    From: 救済待ち * 2012/09/25 22:59 * URL * [Edit] *  top↑
    ふたりの予想を信じたい
    たかさん、管理人さん、予想ありがとうございます。

    不安でいっぱいですが、今は、2人の予想を信じたいです。
    From: 受験生 * 2012/09/26 04:43 * URL * [Edit] *  top↑
    Re: 最終予想
    素晴らしい予想ありがとうございます。
    当方はまだまだ修行が足りませんね(^_^;)

    「ただどちらが正しいか?」というのは全く意味がないですし、一切興味もありません。

    私達の予想でどれだけの人の気が紛れるか?これが一番だと思っています。
    From: きよまる * 2012/09/27 17:24 * URL * [Edit] *  top↑
    Re: 予想的中するといいですね。
    > 銀次郎さんの予想よりたかさんの素晴らしい予想に感謝します。
    > この予想なら私もなんとか滑り込めるかもしれません。

    たかさんの予想が的中し救済待ち様が合格することをお祈りしています。
    滑り込めるといいですね!
    From: きよまる * 2012/09/27 17:25 * URL * [Edit] *  top↑
    Re: ふたりの予想を信じたい
    > たかさん、管理人さん、予想ありがとうございます。
    >
    > 不安でいっぱいですが、今は、2人の予想を信じたいです。

    不安な気持ちお察しします。
    予想が当たり受験生様が合格することを祈っています。
    From: きよまる * 2012/09/27 17:26 * URL * [Edit] *  top↑
    予想の仕方
    なぜ私が4年連続当てているかについて簡単に説明します。そして、なぜ銀次郎さんが微妙に外しているかにもついてです。
    ごく単純です。

    救済科目数、救済科目は「2点以下の割合」のみで決まります。銀次郎さんは「平均点数」も含めて考えていますが、それが大きな誤り。平均点数を加味するといつまでたっても100%当てることはできないでしょう。
    ちなみに合格点数は、「平均点数」に「救済科目数」を加味して決定されます。

    では、救済科目数はどうやって決まるかですが、計算式で簡単に導き出せます。(計算式・計算方法は省略しますが、それにより今年は3科目←断定)

    次に、救済科目はどうやって決まるかです。
    これも単純です。
    2点以下の割合が多い科目から順番に決まります。ただし、労一は1問分20%厳しい設定になっていますので、例えば昨年の労一は、2点以下29.6%-20%で9.6%ということになります。
    なので、昨年私は救済候補からも外しています。
    ※10%未満の科目は救済候補にもなりえません。

    昨年の労一ですが、4択だからではないといったのは上の理由からです。もちろん4択でなければ、2点以下の割合が増え、救済された可能性もあります。

    今年の厚年は4択の結果、2点以下が34%です。
    4択でなければ、2点以下が45%とかになっていたでしょう。
    つまり1点救済対象(40%以上であって、健保、厚年、国年のみ)の問題だったわけですが、4択にしたことで2点以下の割合が減り、2点救済問題になりました。

    厚年は100%2点救済されるでしょう。
    社一も社労士法からの出題ということで労一同様に20%マイナスしても、17%と健保の15%を超えますので、セーフとしました。

    雇用は17%と健保15%を上回っているので、第3位に滑り込みと考えています。
    From: たか * 2012/09/29 06:58 * URL * [Edit] *  top↑
    たかさんが、救済科目の予想の具体的な方法を紹介いただき、ありがとうございます。
    私の場合は、社一、厚年が救済されるにしても選択の点数が26点とぎりぎりなのが問題です。選択のラインが27点に引き上げられる可能性はやはりありますでしょうかね?
    From: 救済待ち * 2012/09/29 08:35 * URL * [Edit] *  top↑
    点数
    点数は間違ってたりするので何とも言えませんが、27点はないと思っています。
    私の予想では、25点又は26点のどちらかかと。

    救済科目数の出し方、救済科目の出し方ですが、
    時間のある時に詳細を解説できたらと思います。(今から出ますので、またの機会に)

    過去の救済科目数と救済科目がなぜそうなったか、各年度について大原のデータをもとに解説したいと思います。

    点数は…です。
    From: たか * 2012/09/29 09:55 * URL * [Edit] *  top↑
    たかさんの救済科目予想で勇気を頂きました。ありがとうございます。
    厚生年金の救済が確実との事ですが、四択となったことで、社一や労一と同様に-20%の調整がはいる事はないのでしょうか…?予想を信じたいと思います。
    From: 救済待ち * 2012/09/29 12:45 * URL * [Edit] *  top↑
    「過去の救済科目数と救済科目がなぜそうなったか、各年度について大原のデータをもとに解説」

    関心があります。是非解説いただければと思います。
    それから、厚年の選択は出題ミスの誤植がありましたが、没問ということはなさそうだということでよろしいでしょうか?
    From: 救済待ち * 2012/09/30 20:46 * URL * [Edit] *  top↑
    銀次郎のせこい下心。
    こちらのコメントを見ていると、銀次郎は、今年は外すのではないかという感じがしてきます。
    理由は、今年の銀次郎は、4択にこだわり過ぎ。
    そして、意地でも厚年を外したいという意図が見えます。
    予想に感情が入っている・・・そんな気がします。

    カリスマ予想屋を気取っているので、ここは、大方の予備校の予想を外し、一人勝ちを目指して地位を確保・・・そんな意図が見え見えで、ちょっとずるいような・・・

    もしも、自分が予想屋なら、銀次郎と同じ予想をすると思います。なぜなら、当たった時に得るものが大きいから。それに、当たる可能性もあるし。

    これは、もう、もっとも大きな見返りが期待できる予想をねらって、厚年を外し救済確実な社一と可能性のある健保、雇用を持ってくるのは当たり前と言う感じがします。

    そんなせこい銀次郎の目論見を感じてしまう予想です。
    そんな予想しかできない銀次郎には失望ですね。
    From: 予想屋評論家 * 2012/10/01 06:30 * URL * [Edit] *  top↑
    選択ばかりでなく
    切れ味のある選択の予想がある中、択一の予想が少ないように思えます。択一の予想をぜひお願いします。
    From: 柴田 房穂 * 2012/10/02 09:47 * URL * [Edit] *  top↑
    さすが銀次郎~身の変えようの速さはピカイチ~
    厚年の試験問題の誤植に関する試験センタの発表がありました。

    http://www.sharosi-siken.or.jp/2012.10.02gosyoku.pdf

    発表があるやいなや、銀次郎のブログにもその見解がさっそく書かれましたね。

    見てびっくり!!

    当初はスルーできない重大な誤植としておきながら、試験センターから謝罪のみでスルーする発表があるやいなや、当然と言わんばかりの見解のコメントです。

    さすが銀次郎、身の変わりようの速さ、豹変の速さはピカイチです。

    この調子で、救済予想も当たろうが当たるまいが、最初から分かっていたというような記事を書いてくるんでしょうね。さすが銀次郎です!!

    でも、管理人さんはどうかそのまま誠実でいてくださいネ。
    From: 予想屋評論家 * 2012/10/02 20:08 * URL * [Edit] *  top↑
    銀次郎さんの真価が問われるのは11月9日になるでしょう。ブログアクセスを増やして注目を集めようとする意図がみえみえですので、これで的中すればたいしたものですが、外したら、パッシングされるでしょうね。
    私は管理人さん、たかさんの誠実で緻密な予想を
    信用したいと思います。
    From: 救済待ち * 2012/10/02 21:20 * URL * [Edit] *  top↑
    4択の意図
    厚年の4択の意図はやはり問題の難易度を下げることにあったのでしょう。
    しかしながら結果としては、2番目に悪い科目となりました。
    難易度は下げた。でもできなかった。それが現実。
    雇用や健保を救済するなら、厚年を救済しないと話になりません。
    誰かがプライドとか面目とかいってましたが、意味がわかりません。
    正当性がありませんから。
    From: xzy * 2012/10/02 22:03 * URL * [Edit] *  top↑
    諦めましょう!また挑戦できる。
    昨日の誤植に関する発表を読んで思いました。
    辛いけれど、これは、もう厚年は救済はないと感じました。
    この誤植に関する発表が設問Aにしか触れていないことに疑問は感じますが。

    4択だから救済しないというのは不条理な基準ではありますが、考えてみると、選択は3点、択一は4点という基準も、もともと不公平な基準です。
    それでも、そういう基準を設けたら、それに厳格でなければ試験が成立しなくなります。4択だから可能な限り救済は避けたいという方針があったとしても不思議ではありません。

    試験である以上は、合格者がいて不合格者もいます。厚年を救済すれば、一方で泣く人も現れるでしょう。

    試験委員は、受験者の心理に配慮などしません。淡々と基準に沿って合否を決めていくだけ。
    そうしないと合否を決めることもできなくなります。

    試験とはそういうもの。ただ、社労士試験はその度合いがちょっと他の試験に比べて大きい気はしますが・・・。また、合否の正当性を証明するために、試験センターに対して救済基準の公開を求めてもいいとは思いますが。

    厚年は救済はない・・・そう思っていた方がいいのではないでしょうか?
    試験とは、1点足りないだけでも落ちるものです。そういう厳しさがあって当然のものです。

    私は、厚年2点ですが、今回の発表を読んで、試験委員の確とたる姿勢を感じ、完全に諦めた方がいいと感じました。

    From: 受験生 * 2012/10/03 07:35 * URL * [Edit] *  top↑
    受験生さんは、厚年没問なし発表で、救済なしかと弱気になられたようですね。私も不安いっぱいですが、私はこの発表でむしろ、合格可能性が出てきてほぼ五分五分になったのではないかとみています。没問によるライン上昇が避けられたからです。私が、駄目な場合の可能性としては、選択式のラインが27点以上になること、そして厚年、社一いずれかが救済されなかった場合です。

    試験センターの合格の決め方が、選択式を調整弁として使っているとすれば、出来の悪い社一、厚年いずれかを切り捨てという可能性もありますが、4択だから微妙というより、その科目の2点以下の割合がどの程度の割合かというたかさんの説を支持したいと思います。

    あとは、これまで最低だった合格率をどの程度に設定するかですが、今後は厳しくする可能性もあるものの、一般に低ければ、その反動があるので今回は若干合格率を上げるのではないかとみています。
    受験生さんはあきらめずに吉報を待ちましょうね。
    とは言うものの、駄目だった場合の備えとして少しづつ勉強していった方がいいでしょうね。
    From: 救済待ち * 2012/10/03 08:03 * URL * [Edit] *  top↑
    択一の点数を決めてから選択で微調整ということでしょうか。当方、択一がボーダーです。択一の分析をよろしくお願いします。特に、大手予備校のTAC,大原が48ですが、どんなもんでしょうか?
    From: 択一ボーダー * 2012/10/03 09:55 * URL * [Edit] *  top↑
    先ほど送信しましたが、タカさん予想願います。
    From: 択一ボーダー * 2012/10/03 10:17 * URL * [Edit] *  top↑
    皆様たくさんのコメントありがとうございます。
    From: 管理人 * 2012/10/03 15:01 * URL * [Edit] *  top↑
    平成21年に労一が救済されなかった時のある方の書き込みです。厚労省にも問い合わせしたそうです。
    労一が救済されにくいのは「知識がなくても正答できる問題が多い」からだとのこと。厚年はその逆。

    成績優秀者ばかりが登録する予備校の復元解答の平均点、得点分布は、全受験者の平均点、得点分布とは大きく異なる
    (根拠:平成21年度試験のとき、誰かが情報公開請求したとおぼしき全受験者の平均点、得点分布が貼られていた)
    ・なので予備校の復元解答を基に救済科目を予想しても、ほとんど無意味
    ・救済科目は、全受験者の平均点、得点分布を基に、原則、機械的に決められている
    (根拠:厚生労働省労働基準局労働保険徴収課社会保険労務士係回答)
    ・労一は、知識がなくても正答できる問題が多く、全受験者の平均点が高目になるので救済が入りづらい
    ・逆に厚年は、知識がないと正答できない問題が多く、全受験者の平均点が低目になるので救済が入りやすい

    一方、労一を救済しないのは公務員に有利にするためとの説もあります。
    http://blog.goo.ne.jp/hondana_1958/e/215826527d68e2c0ca9ad5bee813a33d

    From: 救済待ち * 2012/10/11 16:01 * URL * [Edit] *  top↑
    以下を参考にしてください。

    http://shikaku2ch.doorblog.jp/archives/18499851.html

    2009-11-16 21:27:32
    本日、題記の件について電話で厚生労働省労働保険徴収課社会保険労務士係に問合せ、以下の回答を得ました。
    ・択一は受験者の平均点から難易度を図り合格基準点を決めている。合格者数から決めている訳ではない。
    ・選択は「基本的に」平均点の低い科目の合格点を調整する。
    ・選択厚生年金の平均点は低かった。予備校のデータは国の関与するところではない。
    ・選択各科目の平均点などは情報公開の手続きを踏めば「可能な限り」回答する。他のデータについても同様。
    得点分布イコール標準偏差
    平成21年度社労士試験

       0点   1点   2点   3点   4点  5点   平均点
                                  
    労一 3,969 10,596 14,684 12,237 7,114 2,707 (人) 2.3

    厚年 7,579 10,971  9,311  7,555  7,582 8,309 (人) 2.4


    839 名前:名無し検定1級さん 投稿日:2012/10/02(火) 15:10:13.33
     社会保険労務士試験の合格基準については、試験問題の
    難易度の変化を補正するため、原則的に選択式及び択一式
    試験それぞれにおける各科目合計総得点の平均点及び各科目
    の得点分布から機械的に合格基準点を算出し決定しています。
    From: 救済待ち * 2012/10/11 22:17 * URL * [Edit] *  top↑
    今年になってから急に一般向けに社労士試験の合格予想基準を発表したことでいろいろな憶測が取りざたされる財団法人の安全衛生普及センター(厚労省の天下り先??)が社労士講座で以下の選択式の講座を出しています。これをやれば、常に物議を醸し、運も左右する選択式問題を完全クリアできるという謳い文句。
    「1問の失敗も許されない選択式対策を、リスクを伴う「予想問題」ではなく、「全条文の練習問題」(約800問)をテキストに収録することで、
    よりパーフェクトに近い選択式の受験対策を可能とした講座!」
    http://www.lejlc.co.jp/license/tushin4-sentaku.html#text_sentaku
    From: 救済待ち * 2012/10/17 13:14 * URL * [Edit] *  top↑
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。