FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    第44回社労士試験の択一式試験をやってみました。

    難易度は★の数だけ点数取れるといいかなという意味です。

    【労基法】

    労働基準法は今年から新たな「組合せ形式」の問題が出題されました(問3と6)。
    恐らくいきなり問3に出くわした時はかなりやり難かったと思いますが、不思議と1問解いてみると2問目にはすんなり入れたかもしれません。
    問4~7は比較的やさしい問題で、特に問4と5に関しては正解だけ選んですぐ次の問題に進めるサービス問題でしょう。
    問2と3はちょっと難しいと思いますが、労基法だけで4点は確保しておきたいでしょう。

    難易度:★★★★☆☆☆

    【安衛法】

    安衛法は安全衛生管理の問9は押さえておきたい問題。
    問8に関しては私は忘れてしまってましたが、覚えてれば取れる問題です。
    問10はちょっと厳しい問題です。

    難易度:★☆☆

    【労災】

    今年の傾向なのか?ちょっと記憶があいまいになっているのか?かなり労災が難しく感じました。
    問3はかなり簡単なサービス問題ですが、それ以外の問題はあっさりと解答できるというレベルではないように感じます。
    問1と2は比較的簡単なので押さえておきたい問題。
    問4も大丈夫かな?!
    ただ問5、問6さらに問7は結構ハードですので、簡単ではないと思います。

    難易度:★★★☆☆☆☆

    【徴収法(労災)】

    問9が労基でも出題された組合せ形式でちょっと難しいですね。
    ただ問8は問題ないでしょう。
    問10も特別加入の保険料の計算式という今まであまり見なかった問題ですが、冷静に計算式を見ていけば決して難しくはないでしょう。

    難易度:★★☆

    【雇用】

    雇用保険でも問4で組合せ形式が出題されました。
    問1、2と問4、5あたりはできればキッチリ取りたいところ。
    問3も迷わなければなんとかとれるかもしれません。
    問6は日雇いの問題ですが、ちょっと記憶が薄れているので厳しかったです。
    問7も決して簡単ではありませんね。
    雇用は例年に比べて難しかったようです。

    難易度:★★★☆☆☆☆

    【徴収法(雇用)】

    問9の印紙の問題はちょっと悩みますね。
    問10の誤りの選択肢はちょっとテクニカルですが面白い問題だと思います。

    難易度:★★☆

    【労一】

    今年の労一はかなり難しいと感じました。
    まず1問目は労働契約法からの問題ですので、ここはなんとか押さえておきたい。
    2問目は労働組合法からの出題ですが、全て最高裁判所判例からの出題ですので簡単ではないですね。
    3問目は若年層の雇用の問題ですが、Aを選ぶ決め手がないので厳しい。
    4問目も決め手がないのでこれも厳しい問題。
    5問目は知らなくてもなんとか消去法でいけるかな?という問題。

    難易度:★☆☆☆☆

    【社一】

    社一は、問7、8、9あたりは比較的得点しやすいようです。
    問6の高額介護合算と問10はちょっと記憶があいまいになってました。
    今年は労一が結構ヘビーでしたので社一は確実に押さえておきたいですね。

    難易度:★★★☆☆

    【健保】

    健保は昨年も比較的やさしかったんですが、今年もやさしめの傾向を維持しているようです。
    特に問2、6、9あたりは確実に取りたい問題です。
    それ以外の問題もひっかけのような問題もありませんし、細かい数値を問われることもなかったようです。
    健保は出来ればこの傾向を保って欲しいですね。

    難易度:★★★★★★★☆☆☆

    【厚年】

    厚生年金はまぁまぁ平均くらいじゃないでしょうか?
    問2、3、4、7は普通に取れそうですし、問10も取れそうです。
    ただ問5の組合せ問題はかなりタフかもしれませんね。

    難易度:★★★★★★☆☆☆☆

    【国年】

    国年も昨年よりはやさしく感じました。
    また問4の組合せ問題は間違えてしまいましたが、それ以外はそこそこ解答できました。
    問9とか問10は、正解肢以外の選択肢は結構難しいんですが、正解肢が比較的素直に選べるようです。

    難易度:★★★★★★☆☆☆☆


    【総括】

    久しぶりに解いてみた私の成績は、基安7、労災(徴収)6、雇用(徴収)6、一般常識(労一2、社一4)6、健保8、厚年6、国年6。

    合計45点でした。

    久しぶりにの割には結構出来たかな?!と思いましたが、この得点だとギリギリ足りるか?足りないか?のレベルですね。

    感想からすると、今年は比較的得点源とされていた労災・雇用が難しくなり、その分社会保険の難易度が下がり気味という印象です。

    今年は労一が難しく感じましたので、社一をしっかり取れるか?がポイントになってくるかもしれません。

    択一式も大手資格学校の見解を待ちたいですね。

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    08/30|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。