FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    模擬試験の選択式試験で20点台とか30点台という人は、おそらく得点源とすべき科目を落としているものと思われます。

    社労士試験は10科目ありますが、各科目ごとの難易度にはかなりの開きがあると同時に、年代で科目別の難易度の傾向が変わるという特徴を持っています。

    例えば以前難易度が高いと言われた労働基準法はここ数年はかなり易しくなってきていますし、逆にそれほど難易度が高くなかった国民年金などがちょっと難化傾向にあったりします。

    ですが、その中でもここ数年ずっと難易度が変わらず得点源となっている科目も存在します。

    その筆頭が徴収法、続いて雇用保険、そして労災です。

    この3科目は選択式では難問が出るケースもありますが、択一に関しては安定して得点しやすい傾向を保っています。

    つまり模擬試験でこの3科目が難しいと感じているという事は、得点すべき力が備わっていない!という事になります。

    ですのでまずはこの3科目を徹底して学習し、「なんだ簡単じゃん!」と思えるような力をつけておく事をお薦めします。

    以前雇用保険の勉強法を紹介しましたが、雇用保険や徴収法は「いかに正確に覚えているか?!」が最大の勝負です。

    雇用保険であれば各給付の体系などは必須事項ですし、徴収法であれば労働保険事務組合なども必須事項です。このあたりがあやふやだと点数は伸びません。

    まずは徹底的に基本原則をしっかりと記憶して問題を解いてみる。問題を解いてみてあやふやだった場合は、何度も何度も覚えなおす。

    この繰り返しで雇用保険や徴収法は点数が上がるはずです。

    まずはご自身の点数を確認し、上記3科目で点数が取れていないようでしたら、まずこの得点源3科目の攻略から始めるといいかもしれません。


    06/27|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。