FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    社労士試験で大事なのはラストスパート。

    仮に模擬試験の合格判定がDとかEだって、最後にラストスパートをかけて見事合格圏内にもぐりこんでしまう方も過去に数多くいらっしゃったようです。

    ですが、ラストスパートってそんなに長く続けられるものではありませんので、タイミングってかなり重要です。

    あくまでも個人的な感覚なんですが、ラストスパートをかける期間は、長くても8週間、短くて4週間くらいがベストなタイミングではないでしょうか?!

    こちらの記事でも紹介しましたが、私の場合は最終模擬試験終了後から本番直前モードに突入しましたので、大体試験日から6週間くらい前からスパートをかけました。

    直前期の勉強時間は1日6~8時間くらい取るようにしてましたが、会社勤めをしながら平日6時間勉強時間を取るのはかなり大変です。

    朝というか夜中の3時に起きて出勤時間の7時まで勉強。これで4時間。プラス帰宅後に2時間。これでようやく6時間です。

    こんな生活は真夏の猛暑の中、そう長くは続けられませんよねw

    もちろん直前期の勉強時間は、別に何時間と決め付ける必要はありません。今から6月一杯勉強して見て、自分には直前期多分これくらい必要だなぁ~と時間を設定すればいいでしょう。

    人によっては1日3時間程度で十分かもしれませんし、10時間近く必要な人もいるかもしれません。

    ですが会社員の場合、どうしても1日で取れる時間は限られますので、今から無理をするのは危険です。

    来るべき勝負どころに備えて今はじっくりと体力を溜め込んでおきましょう!!

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    05/21|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。