上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    社労士試験は、ご存知のように選択式試験と択一式試験の2つに分かれています。

    毎年選択式試験の救済科目や合格点は話題になりますし、1点に泣くことも多いのは選択式試験です。

    ですので出来れば選択式試験は、救済なしでいつも合格点を取れるレベルに引き上げておきたいものですが、どうしても選択式試験が苦手という人は多いのではないでしょうか?

    実際に私もT社の模擬試験2回、そして平成21年度の試験、さらに合格した平成22年度の試験と・・・

    一度も選択式試験で「各科目救済なし基準点割れなし」という一般的な合格点を取ったことがありませんw

    それでも合格できますので、現時点で選択式試験が苦手という人はあまり気にする必要は無いと思います。

    それよりも択一式の点数が伸びないという人は勉強量が足りないか?勉強方法を見直すか?どちらかの対策をした方がいいでしょう。

    ちなみに私の場合、T社の模試もL社の模試も本試験も択一式は全て50点を超えていました。

    択一式で1度50点以上取れるようになってくると、ほとんどの模擬試験で50点以上取れるようになってきます。

    おそらく択一で50点以上取れるということは、ある程度簡単な問題は取りこぼさないような基礎力がつき、さらに初めてみるような問題にも対応できる応用力がついてきている一つの目安になると思われます。

    ですので今の時期は選択式の点数は気にせずに択一の点数を上げる努力をしてきましょう。

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    04/03|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。