FC2ブログ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    労働基準法から厚生年金まで、幅ひろく細かい範囲を網羅しなければならない社労士試験。

    社労士試験はまさに「忘却との闘い」だと言えるでしょう。

    通常の資格の学校の講義を受けている方は、おそらく今くらいの時期から健康保険法に入り、そこから年金2法に入っていく時期だと思います。

    ようやくややこしい年金を理解し始めた頃、ふと労働基準法の過去問題をやってみると「全く点数が取れなくなってる!」なんて事態になっているんじゃないでしょうか?!

    健康保険は、労災と比較するケースもあり多少は労働法規とからむ部分もありますが、年金になると厚生年金と雇用保険が多少からむだけで、ほとんど労働法規はご無沙汰になってしまいます。

    ですので、今年初めて学習する方は今の時期社会保険に没頭してもいいかもしれませんが、学習経験のある方は出来るだけ労働関連の復習もちょくちょくしておきましょう

    直前期はどれだけ1日に複数の科目に触れられるかが勝負になります。

    今の時期に労働関連の記憶も繋ぎとめておけば、直前期のスパートに必ず役に立ってきますので!




    社労士試験フルスロットル講座2012版

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    03/08|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    この記事にコメント
    名前:
    コメントタイトル:
    メールアドレス:
    URL:
    コメント:

    パスワード:
    管理人だけに表示:
    管理者にだけ表示を許可
    この記事にトラックバック
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。