上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    猛暑だった試験当日から2ヶ月が経ち、すっかりと季節も夏から秋へと移り変わりました。

    世間では「もう10月かぁ、1年なんてあっという間だね。」

    という声も聞こえてきますが、合格発表を待っている社労士試験の受験生にとっては・・・

    まだ10月かよ!

    と感じるのではないでしょうか?

    晴れなのか雨なのかわからないような、スッキリしない天気のまま2ヶ月近く過ごしている受験生に取ってみれば、もういい加減白黒ハッキリしてほしいところだと思いますし、ストレスもマックスに達してる頃ではないでしょうか?

    とはいえ、その時は刻一刻と迫ってきています。

    今年もいろんな情報が飛び交っていますが、本当の正解なんて誰にも分かりません。

    だから・・・後は神に祈るだけです。

    普段の私は全く神なんて信じていませんでしたが、合格発表前だけは全ての神を総動員してお願いしてましたw

    神様も仏様もイエス様もアラー様でもなんでもいいのでとにかく合格させて欲しい!

    都合のいい考えかもしれませんが、それくらい受験生にとってはストレスの溜まる期間なんだということを連合会の人にも是非理解して欲しいと思います。

    合格発表までもう少し。

    私なんかに出来ることなんか何もありませんが、せめて思いつく全ての神様に皆様が合格できるよう祈りを捧げていこうと思います。

    <追伸>

    たくさんのコメントありがとうございますと同時に全てのコメントに返信できず申し訳有りません。

    これだけ多くの方にコメントをいただくとブログを続けてきて、また社労士試験の合格予想を公開して本当に良かったと心から感じます。

    当ブログのコメント欄で、少しでも気晴らしになるようであれば合格発表までどんどんコメントしていただいてかまいません。

    ただ他人に対する誹謗中傷だけはご遠慮いただきますようお願いいたしますねw

    【2012年第44回社労士試験 合格点最終予想】

    選択式 25点(ただし社一、厚年、健保は2点以上)
    択一式 47点(各科目4点以上)


    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング



    スポンサーサイト
    10/28|正しい勉強法とはコメント(104)トラックバック(1)TOP↑
    社労士試験の合格発表までようやくあと1ヶ月となりました。

    本試験から1ヶ月が過ぎて多少は気持ちも落ち着いてるでしょ?!

    と思われがちですが、やっぱり結果が出るまでは「救済待ち」という立場はとても苦しいものだったりします。

    当時のブログ記事を見ると・・

    「基準点をクリア出来なかったんだから不合格で当たり前。合格できたらラッキー。既に気持ちは来年に向かっているよ!」

    なんて強がりを言っていましたが、本音としては・・・

    「今年も例年通りの合格ラインに落ち着いて欲しい!お願いだから国年と厚年は救済かかってくれ!」

    と合格までの約2ヶ月間ずっと願っていたものでしたw

    だって、それだけ必死になって1年間勉強したんですから。

    飲み会や遊びの誘いはほとんど断り、ゴールデンウィークも最低限の家族サービスに止めて、夏休みは全て勉強に費やした。

    毎朝4時に起きて勉強し、試験直前の7月後半からは夜中の3時に起きて勉強を続けた。

    自分としては精一杯の努力はしたつもりだった。

    しかし本試験特有の魔物に飲み込まれてしまい、国年と厚年の2科目で基準点割れをしてしまった。

    試験直後は本当にショックだった。

    だけど・・・まだ希望はある。

    基準点割れはしてしまったが、救済さえかかればという条件付きだが合格できる権利だけは手に入れた。

    ギリギリでもかまわない。

    合格さえしてしまえば、来年は試験勉強から開放され、迷惑をかけ続けた家族を旅行に連れていける。

    と考えれば、やっぱり自分が待っている科目で救済かかって欲しいと思うものじゃないでしょうか?!

    現在「救済待ち」という立場の人は、必死になって努力しそして勉強し、ある程度の高得点を取った実力者の人達です。

    とはいえ、連合会のさじ加減一つで合否の判定が分かれてしまう不安定で苦しい立場です。

    でも、無茶苦茶ポジティブに捉えれば、社労士試験で最もスリルのある究極の緊張感が楽しめるチケットを取得した!とも考えられるんじゃないでしょうか?!

    と言いながら、そんな気持ちにはなかなかなれないとは思いますが、せめて気休めにでもなれば・・・

    まだ1ヶ月苦しい時期は続きますが、なんとか上手く気を紛らわして日々をお過ごし下さい。

    【2012年第44回社労士試験 合格点最終予想】

    選択式 25点(ただし社一、厚年、健保は2点以上)
    択一式 47点(各科目4点以上)



    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング



    10/09|正しい勉強法とはコメント(133)トラックバック(1)TOP↑
    問題となっていた選択式厚生年金1問目の誤植に関してですが、社会保険労務士試験 オフィシャルサイトにて修正の告知がありました。

    試験問題の誤植について(平成24年10月2日)

    [誤] 平均標準報酬月額
             ↓
    [正] 平均標準報酬額

    合格発表前にこのような告知が出ることは異例ですが、あまり発表の意図を深く考える必要は無いんじゃないでしょうか?!

    「複数正答又は正答なしとはしない。」となっていましたので、ここは素直に受け入れ当方の予想も変更はいたしません。


    【2012年第44回社労士試験 合格点最終予想】

    選択式 25点(ただし社一、厚年、健保は2点以上)
    択一式 47点(各科目4点以上)



    ここで択一式の予想に関するコメントがいくつかありましたので補足しておきます。

    こちらでも予想の根拠は述べていますが、いくらなんでも49点以上という決着は無いと考えるのが妥当でしょう。

    これまでの最高点は48点ですし、平成22年のように没問3問、複数回答2問という年ですら48点となっています。

    ただ昨年択一式が平均点低かったにもかかわらず(TACデータでは44.8点)合格点が46点まで引き上げられましたので、それよりも高い今年(TACデータでは45.5点)はさらに高くなるのでは?という懸念は確かにあると思われます。

    とはいえ、昨年は選択式で5科目の救済を行なったため択一式の合格点が46点まで上昇したと考えられます。

    今年も選択式の救済が4科目まで広がれば48点という決着もあるとは思いますが、現状のデータから考えれば最大でも3科目程度と思われますので、そうなれば46点前後に落ち着くのではないでしょうか?!

    私としては、47点予想でも若干高めかな?と感じるのですが、今年の択一の難易度と平均点でさらに選択式を3科目救済するのであれば、47点でもやむを得ないのではないか?と思い47点と予想してみました。

    とはいえ、毎度言っていますがあくまでも予想は予想でしかありません。

    当日の結果は、合格点を決めている連合会にしかわかりませんので、どんな結果が出ようとも冷静に受け入れる心の準備だけはしておくべきと思います。

    まだ発表まで1ヶ月以上もあり苦しい日々が続きますが、最悪の事態も想定して来年の準備だけは少しずつ進めて行きましょう。

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング

    10/03|正しい勉強法とはコメント(46)トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。