上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    今日の試合は優勝の行方を占う大事な首位決戦の第1戦。

    試合は9回裏スコアは2対0。先発のY投手はここまで快投を続けてきたがノーアウトから連打を許しランナー1・3塁という大ピンチ。

    さてここで勝つためにどのような守備体形を取ればいいのか?!

    ちなみに先発のY投手はこのままゼロで抑えれば3年ぶりの完封勝利となる。

    Y投手の完封勝利を優先して、前進守備で1点も与えない体形を取るのか?

    それとも1点は仕方ないから内野ゴロであればダブルプレー狙いの体形を取るのか?

    答えは言うまでも無く後者でしょう。ダブルプレーの間に1点与えても2アウトランナー無しで逆転の芽を摘む守備体形がこの状況では相応しい。

    とまぁ何が言いたいかというと・・・完封勝ちなんて大した意味は無く最後に勝てば点差なんてどうだっていいという事です。

    何度も言っていますが、社労士試験は高得点を目指す努力は必要ですが完璧を目指してはいけません。

    だって毎年何問かは訳のわからん問題も出題されるからです。

    例えば平成17年の徴収法で「労災保険率の高い業種から順番に並んでいるモノはどれか?」なんて問題が出題されました。

    もし満点を取ろうと考えれば、労災保険率の高い業種を暗記する必要があるでしょう。満点を取るためにそんな努力をしますか?

    私はそんな問題が出たら諦めて次に行く!という割りきりの方が大事だと思います。

    社労士試験は各科目満遍なく得点しなければならない試験なので切捨てが凄く難しいんですが、だからといって隅から隅まで丸暗記してこいというような出題はされません。

    過去問と出題傾向を見て、さらに通学の方は講師のアドバイスを受けながら、暗記が必要と思われる箇所は徹底的に暗記、暗記までは不要と思われる箇所は必要な部分だけ覚える。というメリハリを付けた学習法が理想的でしょう。

    って野球を知らない方には全く意味のわからないエントリーとなってしまいスミマセンw

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    スポンサーサイト
    04/23|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    税理士試験や中小企業診断士の試験は、科目別の合格が可能になっています。

    特に税理士試験の場合1科目ずつクリアしていくことが出来ますので、かなり長期的目線で計画を立てる事が可能です。

    ですが、社労士試験はとにかく1発勝負です。

    択一式試験で文句なしの60点を取ったとしても、選択式で1科目1点でも足りなかったらその時点でアウト。

    「あら残念。また来年いらっしゃいね~」という受験生にとっては、とても非情な試験なんですね。

    でも1発勝負だからこそクリアしてしまえば受験勉強もそこで終わりにする事が出来ます。

    昨年であれば選択式23点以上、択一式46点以上取ってしまえばその時点で有資格者です。

    だから社労士試験はダラダラと勉強してはいけません

    合格点ギリギリでも選択式全救済科目に引っかかってもなんでもいい。

    真夏の1発勝負に勝てばイイんです。

    その真夏の勝負に勝てるかどうかの分かれ目は、ここから数ヶ月にかかっています。

    まだアクセルを全開にする時期ではありませんが、徐々にスパートできる体制だけは整えておきましょう。

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    04/12|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    社労士試験は、ご存知のように選択式試験と択一式試験の2つに分かれています。

    毎年選択式試験の救済科目や合格点は話題になりますし、1点に泣くことも多いのは選択式試験です。

    ですので出来れば選択式試験は、救済なしでいつも合格点を取れるレベルに引き上げておきたいものですが、どうしても選択式試験が苦手という人は多いのではないでしょうか?

    実際に私もT社の模擬試験2回、そして平成21年度の試験、さらに合格した平成22年度の試験と・・・

    一度も選択式試験で「各科目救済なし基準点割れなし」という一般的な合格点を取ったことがありませんw

    それでも合格できますので、現時点で選択式試験が苦手という人はあまり気にする必要は無いと思います。

    それよりも択一式の点数が伸びないという人は勉強量が足りないか?勉強方法を見直すか?どちらかの対策をした方がいいでしょう。

    ちなみに私の場合、T社の模試もL社の模試も本試験も択一式は全て50点を超えていました。

    択一式で1度50点以上取れるようになってくると、ほとんどの模擬試験で50点以上取れるようになってきます。

    おそらく択一で50点以上取れるということは、ある程度簡単な問題は取りこぼさないような基礎力がつき、さらに初めてみるような問題にも対応できる応用力がついてきている一つの目安になると思われます。

    ですので今の時期は選択式の点数は気にせずに択一の点数を上げる努力をしてきましょう。

    ↓↓クリックすれば合格できる・・ってんな事ありませんが応援お願いします^^
    人気blogランキング
    04/03|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。