上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    早いもので1年もあと少しで終わりです。

    必死になって勉強していた日々はもう2年も前の話になるんですね。

    あの頃はすっごく充実していた反面、毎日見えない重圧のようなモノ戦っていてとても苦しくもある日々でした。

    ですが、そんな社労士の受験生にとって、一番リラックスできる長期休暇は年末年始です。

    ゴールデンウィークにもなればそろそろ直前期に向けた準備期間に入っています。

    夏休みは当然休んでいる暇などありません。

    ですので年末年始だけは、出来るだけごゆっくりお過ごしされる事をお薦めします。

    ご家族とゆっくり過ごすもいいですし、旅行などに出かけてもいいでしょう。

    今からプレッシャーをかけ過ぎて、毎日勉強の日々を送っていると、確実にゴールデンウィーク前にはバテてしまいますので。

    とはいえ、もし出来るのであれば、毎日1~2問くらいは問題を解いておくと正月明けでも勉強に入りやすくなります。

    私のこの時期お薦めの勉強方法は選択式問題集です。

    選択式の特に条文が虫食いになっている問題をいくつか解いておくといいでしょう。

    これなら条文を読む訓練にもなりますし、当然選択式のトレーニングにもなります。

    さらに選択式の問題集ならコンパクトなモノが多く、気軽にどこにでも持ち歩けますから。

    まぁ最近は電子書籍という手段もありますので、持ち歩きに苦労する事はないかもしれませんがね(w

    ということで本年の更新はこれにて終了とさせていただきます。

    皆様よいお年をお過ごし下さい。



    スポンサーサイト
    12/28|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    現在は12月ですのでまだ来年の社労士試験まで8ヶ月以上あります。

    まだこの時期は集中力が続かないとは思いますが、短時間でもいいので出来るだけ毎日勉強する事を推奨します。

    できれば毎日1時間程度、本当に忙しいのであれば10分でも15分でもいいでしょう。

    毎日勉強する事で記憶も定着してきますし、自然と法律が頭に染み込んでいき社労士試験用の脳に切り替わっていきます。

    とはいえなかなか集中力って続かないもの。どうすれば毎日集中して勉強できるのか?

    これは私もかなり悩みましたが・・・


    とにかく勉強すると決めたらすぐに行動する



    これが一番集中力を高めるのに効果的でした。

    朝起きたばかりじゃまだ目が醒めていないからとりあえずコーヒーでも沸かしてから始めるか・・

    仕事が終わって家に着いて、とりあえず夕食を食べてお風呂にでも入ってから始めるか・・

    ちょっとやる気が出ないのでテレビでも見てから始めるか・・・

    というような発想を捨てる事が大事です。


    やると決めたら今すぐ始める。


    朝起きて目が醒めたららとにかくすぐに勉強する。コーヒーなんかその後で十分。

    家に着いたら何よりもすぐ勉強。

    やる気が出なくてもテレビをつける前にまず勉強。

    このやり方はアハ体験でお馴染みの茂木健一郎さんが書籍の中で推奨されていたんですが、私にはかなり合っていたようです。

    勉強法に悩んでいるみなさんへ (6)一秒で集中する方法

    徐々にスピードを上げていくんじゃなく一気にトップギアに入れていく。

    最初は5分10分でもかまいませんので、常にその習慣をつけておくと、そのうちといきなり早朝の4時から2時間以上もトップギアで走り続けられるようになりますよ!

    12/07|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    「完全合格」というとどの程度を指すのかは分りませんが、あえて選択式30点以上、択一式60点以上で当然救済無しと定義します。

    もしそうであれば・・・

    社労士試験に合格するのにこんな高得点を獲る必要はありません!!

    いつも言っていますが・・・

    満点獲ろうがギリギリだろうが合格は合格!

    合格ラインに滑り込んだ人だけが社労士試験の勝者なんです。

    ここに選択式試験のデータがありますが、この表を見てもわかる通りすでに「選択式で救済はあって当たり前」という形になってきています。

    選択式救済状況

    特に平成20年以降はその傾向が顕著に出ていて、4年間の32科目中15科目も科目補正という名目で救済されています。

    それでも合格率は9%台に届く事はありません。

    これが何を意味するか?

    ここ数年受験者数は5万人を超えていますが、択一式で高得点を獲れる実力を持った受験生は増えていないということでしょう。

    この事からも、まずは択一式で40点台後半から出来れば50点台獲れる実力をつける事。

    コレが最も重要な要素になっています。

    選択式は何科目救済かかったって合格点をクリアすればいい!という考えで望めば、かなり気は楽になるはずです。
    12/02|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。