上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    社労士試験の運命を分けるのは午前中の選択式試験です。


    過去にも択一式で60点オーバーという実力者が、選択式で涙を飲んでいるというケースもありますので、選択式だけは実力だけでなく運の要素も付きまとってしまいます。


    本当は運なんか関係なく実力で評価して欲しいところですが、今の試験形式が続く限りいたしかた有りません。


    何度か受験経験があり、ある程度の実力をお持ちの方は、この運の要素もある選択式試験の恐怖症に陥ってしまいがちです。


    では合格した人達はこの選択式試験に対して特別な対応をしたのでしょうか?


    合格後にいろんな合格者の方と話したり、いろんな情報を聞きましたがそれほど特別な対応はしていない!という方がほとんどでした。


    もちろんそれなりの勉強法もありますので、それに関してはもう少し直前期にお話しますが、今の時点で選択式試験用の対策をする必要はないでしょう。


    今は何度も言っていますが理解を深める時期ですので、基本の繰り返しに力を入れましょう。


    もし時間に余裕があるのであれば、時間が空いた時に選択式対策に目を通しておくのはいいと思います。


    スポンサーサイト
    02/25|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    難関資格に合格するためには個人差はありますが相当な苦労が必要です。


    特に私のような一流大学出身でもない一般人は、普段から勉強する習慣が身についていませんので、苦労をせず楽して合格できる勉強法なんてものについつい飛びついてしまいがちです。


    ですが、以前のエントリー短期間で資格試験に合格する裏技(裏ワザ)なんてない!!にも書きましたが、苦労せず合格できる裏技なんてものはありません。


    合格した数パーセントの人達は、とにかく愚直にコツコツと勉強を続けた人達なんです。


    ただ当然資格試験に合格するための戦略もありますし、効果的な勉強方法というのがあるのは事実です。


    だからといって何万円もする楽して合格できる勉強法みたいなものに手を出すのであれば、私は資格の学校に通うなり通信講座を受講することをお薦めします。決して回し者ではありません(w


    大抵楽して合格みたいな情報商材は資格学校のやり方を否定してもっと効率的な勉強法がある!みたいなことを言って購入を煽ってきますが、旬の資格対策を一番持っているのはなんといっても資格の専門学校です。


    効率的な勉強方法を教えてもらっても、理解しやすいテキストや解説、重点的に学習するポイントなどは資格の学校でなければなかなか学べません。


    学問に王道なし


    楽して合格できるなんて幻想に惑わされず、自分を信じて合格だけを念じて毎日勉強を続けていきましょう。


    02/24|正しい勉強法とはコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    iPadなどのタブレット型コンピュータが発売され、資格試験の参考書も電子書籍化が進んでいくと思われます。


    社労士試験も全10科目に加え、直前の法改正や白書対策など参考書だけで10冊以上になります。


    そこに過去問題集や暗記カードなどを加えるとその量は膨大です。


    自宅でなく資格学校の自習室や図書館などで勉強する時に一番大変なのが、この参考書を持ち歩くということ。


    直前期には全ての科目の問題を解いていくため、出来れば全科目の参考書を持ち歩きたいところですが、全部持ち歩くとカバンはパンパンになってしまいますし何より重くて重くて・・・


    それと勉強中に結構苦労するのが該当のページを探す事。


    過去問を解いていてその問題の解説を詳しく読みたい時など、参考書のどのページに載っているのか探すだけで大変で、貴重な時間をロスしてしまうことも多いのではないでしょうか?


    それが電子書籍になればiPadを持ち歩けばすみますし、検索機能も使えますので目的のページを探すのも容易になります。


    ただ電子書籍だとマーキングしたり余白にメモ書きをしたりというのが難しくなるので、テキストを耕すという行為がしずらいかもしれませんね。


    全てが電子書籍に移り変わるとは思いませんが、便利なモノは有効的に使っていきたいものですね。


    02/23|社会保険労務士コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
    社会保険労務士試験は法律系資格の中では最も法改正の多い資格の一つと言えるでしょう。


    リーマンショック以後の不況も手伝い、雇用に関する問題や労働に関する部分の度重なる変更、更に社会保険に年金など様々な問題を抱えていることばかりの法律の試験ですので、改正が多いのもやむを得ないのかもしれません。


    ですが、今年はある意味チャンスの年なのかもしれません。




    というのも・・・民主党があまり働いていないからです(w




    とこれはさすがにちょっと言い過ぎですが、半分は事実です。


    2009年に自民党から民主党に政権が移り鳩山政権が誕生。しかし思い通りマニュフェストを実行できず、ほとんど何もせずに菅政権へと移行。


    菅政権も参院選での敗北からネジレ国会を招いてしまい、全くと言っていいほど機能していない状況。


    消費税増税、法人税減税、国会議員や公務員への報酬削減、社会保険の抜本的改革など大きな問題を抱えていますが、事実上何一つ実行できていません。


    ですので、去年とほとんど変っていないのです。


    昨年は社会保険庁がなくなり日本年金機構へと移り変わりましたし、労働基準法の改正などもありました。


    今年も当然育児介護休業法などいくつか改正はありますが、あまり大きな変更は無さそうですし、これから4月までに菅政権が実行できるとも思えません。


    ですので大きな法改正が無いこの時期に、サクっと合格しておきたいですね。


    本文とは関係有りませんが、DSの資格試験ソフトはメインとして使うには物足りませんが、電車などの移動中に使うには気分転換にもなりますし最適です。


    02/22|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    初めて資格の学校に通い始めると、周りの方々の実力がどの程度なのか気になると思います。


    私も最初初学者コースに通いましたが、結構気になったものです。


    とはいっても法律の勉強なんか全然したことが無い初学者コースだったので、回りもおそらく自分と同レベルだろうと思っていたのですが、一科目終わる毎に行われる実力判定テストをやると・・・


    満点近い点数を取ってくる人がいるのです。


    これにはかなり焦ったものです。


    自分はその手のテストはいつも良くても7割程度しか取れませんでしたので、回りの実力に圧倒されて自分なんか合格は無理なんじゃないか?と落ち込みました。


    ですが冷静に考えれば・・・


    初学者コースは初学者だけが通っているワケではありません。


    T社の場合、上級コースは前年の試験で択一式40点以上で基本レベルの問題は全て正解できている方向けとしていますので、そのレベルに達していなかった人は初学者コースを薦められます。


    ですのでかなりのレベルにある人でも、あえて初学者コースに通っているという方もいるという事です。


    なので全く焦る必要はありません。


    この時期の実力テストは、学校の講師が言うとおり本当に点数はどうでも良く、ましてや順位なんか全く意識する必要はありません。


    今は実力テストを利用して自分の欠点を見つけ、理解が足りない部分をしっかりと理解する時期です。


    回りのことはあまり気にかけないようにしていきましょう。


    まだまだ試験まで半年以上ありますが、ここからの半年が本当の勝負です!!



    02/09|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。