上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    2010年は本当に忘れられない年になりそうです。

    1月から8月までは毎朝新聞配達のような時間に起きての猛勉強の毎日。

    試験が終わり合格発表までは人格が崩壊しそうなほど苦痛な日々。

    そして人生で最大の喜びとも言える合格発表。

    それからは全ての重りが取れ、人生の視界が大きく広がったような感覚。

    本当に本当にイイ年になりました。

    もちろん大事なのは合格したこれからなのは十分理解している!!

    ですが・・・せめて今年の正月くらいは去年あまり飲めなかったお酒もイッパイ飲んで、ノンビリとゆっくりと過ごしてみようと思います。

    それでは皆様良いお年をお過ごし下さい。


    スポンサーサイト
    12/30|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    受験生ともなれば盆も正月も無い!



    と、言いたいところですが・・・



    社会保険労務士試験は真夏の8月です。


    ですので正月くらいはゆっくりしても・・・


    いいんじゃないでしょうか(w


    社労士の受験生には夏休みはもちろん、ゴールデンウィークも遊んでいる余裕はありませんので、ゆっくりできるのは年末年始くらいです。

    今からあまり気負いすぎると春頃にはバテてしまいますからね!

    とはいえ、あまり緊張感を切り過ぎるのもどうかと思いますので、選択式試験の問題演習でもしているとイイと思います。

    選択式の問題集だと、目的条文の穴埋め問題などもありますので条文を読む演習にもなりますので、この時期にはかなりお薦めです。

    テキストを持ち歩くと重くて大変だし、正月気分のホロ酔いで読み込んでも全然効果はありませんしね。

    選択式のお薦め問題集はTACの合格のツボです。


    12/28|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    社労士試験を受けようとお考えの方は是非この曲を聴いて下さい。








    夏をあきらめて」です(w


    社労士試験はご存知のように毎年8月の4週目あたりの日曜日に実施されます。

    ですので世間は夏休みの真っ最中で一番楽しい時期が・・・「一番の勝負どころ」です。

    社労士試験に本気で合格しようと思うのであれば、7・8月あたりに遊びの企画なんて立ててる場合じゃないんです。

    他のライバル達は試験前に夏期休暇を1週間くらい取得して、その全てを勉強にささげている人もいます。

    だから・・・夏はあきらめるしかないんです。

    とはいえご家族がいる方や彼氏・彼女と遊びたいという方は何年も夏を犠牲にするのは気の毒です。

    そんな方はなんとか短い期間で合格できるように、一度や二度の夏は捨てる覚悟で望みましょう!!


    短期間で社会保険労務士に合格する方法~たった1冊の問題集を使い122日で合格~
    12/21|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    先日ご紹介したNHK教育の「テストの花道」という番組の中である東大生が「勉強を始めるのなら高校2年生から始めた方がいい!3年から始めようとしても勉強する習慣がついてないと続かない」と言っていました。


    これは確かにその通りかもしれませんし、イヤそんなことは無いという意見に分かれるんじゃないでしょうか?


    例えば元Livedoor社長の堀江貴文(ホリエモン)さんなんかは、半年前から勉強を始めて東大に合格されたそうですし、社労士で言えばシャララン・コンサルティング株式会社代表の大沢治子(オオサワハルコ)さんも約半年の勉強で1発合格されています。

    この二人のタイプは何年もダラダラと勉強し続けるのではなく、期間を決めてその間は他の事には目もくれず集中するという方法です。

    逆に前述の東大生のようなタイプを社労士試験にあてはめると、いきなり一気に勉強を始めても習慣となっていないので、合格目標を数年後に置いてまずは勉強する習慣をつけて、徐々にペースを上げていくという方法ですね。

    まぁ早い話がウサギと亀なんですが、私はどちらが正解というのは無いと思います。

    ただ人間ってそう何年も集中し続けることなんて出来ませんので、長期的な目標を立てるにしてもあまり長過ぎるのはどうかと思います。

    一番大事なのは自分がどちらのタイプかを早い段階で見極めて、それに応じたスケジュールを立てる事だと思います。


    12/07|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    今年の社労士試験で惜しくも不合格となってしまった方で、来年のリベンジを期されている方は、わかっているとは思いますが出来るだけ早いうちに始動された方がいいと思います。

    あと1点足りずに不合格だった方やまさかのマークミスで不合格だったという方の場合、割り切るのが大変かもしれませんが・・・止まっていても何も始まりませんからね。

    私も救済待ちだったため合格か不合格か紙一重の状態でしたが、不合格だった場合はすぐに来年度合格コースを申込んで、最低でも年内には動き始める予定でした。

    というのもおそらく8月の社労士試験が終わった後も継続して学習を続けていた!という方ってごく少数なんじゃないでしょうか?

    私も例に漏れず一応問題の見直しくらいはしていましたが、本格的な勉強となるとほとんどしていませんでした。

    そんな状態で年明けから始動となると、9~12月までまるまる4ヶ月も学習を止めてしまった状態からのスタートとなってしまいます。

    有名なエビングハウスの忘却曲線というのがありますが、4ヶ月も何もしなければせっかく試験前に学習した事の大半が忘却の彼方へと旅立ってしまっていることでしょう。

    となるとまた来年1からのスタートとなってしまい、初めての学習となる初学者にも遅れをとってしまうことにもなりますから。。。

    まずは過去問を1問ずつという感じのスロースタートでもかまいませんので、遅くても年内には始動しておきたいところですね。


    12/06|社会保険労務士コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。