上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    週明けのニューヨークの株式相場ですが、254
    ドル安となり大幅に値を下げているようです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000006-jij-brf

    これはオバマ大統領がGMとクライスラーに対し
    て、経営再建計画の練り直しを強く要求した事
    が大きな引き金となっているようです。

    オバマ大統領は、だらだらと継続的に支援をす
    るのではなく、GMには60日、クライスラーには
    1ヶ月という期間を設け、その間にキッチリと
    した経営再建案を提出するように!
    もし、それが出来ないようなら破産法活用も辞
    さないという強い要求を出してきました。

    こうなると、懸念していた大手自動車メーカー
    の破綻というのが、現実味を帯びてくる形とな
    ってきました。

    ますます混迷を極める世界経済ですが、もし大
    手自動車メーカーが破綻するとなれば、更なる
    混乱を招く可能性は大きくあると思われます。

    日本経済もアメリカ経済に引きずられるように
    低迷を続けていますので、アメリカ政府の支援
    策は注目の的となっています。

    GMにも日産自動車を再建させたゴーン氏のよう
    なカリスマ的な経営者がトップに就任し、なん
    とか経営を再建して欲しいと思いますが、既に
    手の着けられない状態なのかもしれません。

    ますます、今後のアメリカ、そして世界経済に
    注視していないと、自分の身まで危ない世の中
    になってきましたね。


    スポンサーサイト
    03/31|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    兵庫県高砂市にある三菱重工高砂製作所に勤める
    製造業の男性が、派遣社員契約となっていたため
    契約を打ち切られる可能性があるということに対
    し、直接雇用を要求する裁判を起こしているそう
    です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000517-san-soci

    労働者派遣法に関する問題ですが、とても深刻な
    問題だと思います。

    労働者派遣法は1986年に施行されましたが、
    当時は派遣できる業務も限られ、また一定期間以
    上派遣契約をすることはできませんでした。

    それが、2度の大きな改正を受け、2003年に
    派遣法で定める26業務に関しては契約制限なく
    し、それ以外の業務に関しては、最大3年まで継
    続できるようになりました。

    ですが今回問題になっているのは、この男性が派
    遣契約ではなく、業務請負契約だと思っていた点
    のようです。

    業務請負だと契約期間の問題はありませんが、上
    記のように派遣の場合、契約期間の制限があるた
    め、この男性と継続して契約するのであれば業務
    請負に切り替えるか、企業が正社員として採用す
    るか?のどちらかになってしまいます。

    企業側としては、こんなご時世ですので正社員雇
    用はできれば控えたいところでしょうが、業務請
    負にすると指揮系統が変わってしまうためやりず
    らい部分が出てしまう。
    そのために派遣契約していたんでしょうが、契約
    期間があるため止む無く契約を解除する。

    これでは、何のために長い間この業務のために働
    いていたのかが分からなくなってしまいます。

    労働者派遣法も、昨年から続く派遣問題に関して
    かなり法律的な矛盾が多く露呈しています。
    一日も早く現代に合わせた法律の改正を望んでい
    ます。
    03/27|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    アメリカ大手自動車メーカーのGMが経営再建に
    向けて、大規模なリストラを加速しているよう
    です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000000-sh_mon-bus_all

    早期退職の条件は、現金2万ドルと約2万5千
    ドル相当の新車引換券なんだそうです。
    日本円にすると約200万円の現金と、250
    万円程度の新車と引き換えできる権利ですので
    日本の車だったらプリウスくらいの価格でしょ
    うか?

    それほどの好条件とは思えませんが、公的資金
    が導入されたとはいえ、このままリストラ政策
    などを行わなければ、GMは沈み行く船。
    その船に乗り続けるよりは、自分の権利を主張
    して、早い時期に次の働き口を見つけるほうが
    賢明という方が希望退職に同意しているようで
    す。

    日本も含め、世界的な大不況の世の中ですが、
    GMだけでなく日本の自動車メーカーも不況にな
    ると真っ先に人材に手をつけるこの企業体制は
    どうにかならないものでしょうか?

    昨年末派遣切りが大きな話題となりましたが、
    日本の大手メーカーも工場などの単純作業を賃
    金の安い派遣社員に任せ、不況になったら真っ
    先にその派遣社員を切る。

    こんな体制で自分の会社だけは成長していき、
    末端の人材はないがしろにしているように感じ
    ます。

    大手自動車産業は、国の産業を支える柱の産業
    なんですから、もっと末端の社員にまで気を配
    り、国を支えているという自負を持って欲しい
    ものです。
    03/26|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    民主党の小沢一郎代表が、代表を辞任しない意思
    を表明しましたが、党内からも反対の声が出てい
    るようです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000566-san-pol

    今回の西松建設からの不正献金疑惑ですが、当の
    小沢一郎本人は関与していなく、小沢代表の秘書
    が関与している形になっていますが、捜査のメス
    は小沢代表までいくことも十分考えられるでしょ
    う。

    そんな状況に陥っている渦中の人間が党首のまま
    では、総選挙は戦えない!という考えが党内に蔓
    延しているんじゃないでしょうか?

    実際に数ヶ月前までは麻生総理の支持率が地を這
    うような数値になり、政権後退は免れないという
    ような状況になっていましたが、ここへ来て民主
    の小沢代表を総理大臣にしていいのか?という声
    が大きくなってしまっています。

    このままでは、せっかく民主党に吹いていた追い
    風が台無しになってしまいますから、民主党とし
    ては、新しい党首で選挙に挑みたいところでしょ
    う。

    ですが、自民党よりも適切な人材がいないのが、
    また民主党の大きな悩み。

    小沢さんの代わりというといつも声が上がるのが
    管直人議員か鳩山由紀夫議員という代わり映えの
    しない名前と顔。

    そろそろ若手の有望な人材が民主党だけでなく、
    自民党に出てこないものでしょうか?
    20代の若い世代が選挙に行きたくなるような人
    材が政界に出てこないと活性化しませんし、日本
    の政治は一向によくなりません。

    ベンチャー企業を成功させた若手の経営者の方達
    が政界に進出していただき、日本の経済を真剣に
    考えてくれれば、日本の経済はまだまだ成長する
    と思うのですが。

    03/25|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    地方分権改革推進委員会で、国の出先機関の
    定員削減の方針があるようですが、ハローワ
    ークの統廃合による人身削減は、当面見送ら
    れる方針のようです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000009-mai-pol

    完全失業率が4%を超える状況で、大手製造
    メーカーも派遣の雇用を当面しない方向を打
    ち出していますので、この時期にハローワー
    クの数を減らして、人員を削減しては失業者
    のさらなる増加を招いてしまいますから当然
    でしょう。

    完全失業率も欧米に比べれば少ない数値とも
    見れますが、日本の完全失業率の計算方法は
    正確な数値を測ることが出来ないという声も
    おおいですね。

    というのも、日本の完全失業率の計算方法は
    完全失業者を労働人口で除したものに100
    をかけたもの。

    つまり完全失業者数というのが重要なのです
    が、完全失業者数の定義というのが調査期間
    中に「仕事が無くて仕事を探していたもの」
    という定義ですので、その間に仕事を探して
    いなかった者や病気などで働けない人は含ま
    ないのです。

    これでは、正確な数値が出るとは思えません
    ね。

    ですので、現実の失業率はもっと高いと思わ
    れますから、失業者対策は今後最も重要な課
    題になると思われます。

    混迷する麻生政権ですが、ここにきて景気対
    策を含めた、具体的な対策が徐々に出てきて
    いるように感じます。
    03/19|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    日経平均株価が2月10日以来となる8000円台
    にまでようやく回復したそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000310-reu-bus_all

    一時期80円台まで落ち込んだ円相場も90円台後
    半まで回復し、円安兆候となったのがプラス材料と
    なったようです。

    とはいえ、まだまだ安心できない状況なのは変わり
    ません。
    不景気の波は一般家庭まで直撃していますので、小
    額の定額給付金でどうにかなるレベルではありませ
    んからね。

    ですので、政府はまず安定した景気状況を確保する
    ための対策をどんどんと投入していってほしいと思
    います。

    日銀からの金融機関支援も決まったようですし、セ
    ーフティネットにより中小企業の連鎖倒産を回避す
    る策もだされています。

    まずは資金不足による中小企業の倒産を出来る限り
    回避し、雇用の安定化を図って国民に安心感を与え
    てほしいと心から願います。
    03/18|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    与党が、社会保険庁職員が日本年金機構に採用された
    後に、採用後の解雇規定を設ける方針を固めたようで
    す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090317-00000029-yom-pol

    これは、社会保険庁の職員の中で、年金記録の改竄を
    行った職員の特定がされていないため、このまま公法
    人の日本年金機構に再雇用されて逃げられるのを防ぐ
    目的のようです。

    既に年金記録ののぞき見などで懲戒解雇された1,000人
    は日本年金機構では雇用されませんが、それ以外の860
    人は契約期間月で再雇用される予定です。

    そもそもこの再雇用という事自体をしない方向には出
    来ないのでしょうか?

    日本年金機構は、散々な失態を露呈した社会保険庁に
    変わり2010年から新設される団体ですが、その新
    しい組織にいくら経験があるとはいえ、旧体制の不正
    オンパレードのような仕事をしてきた人間を再雇用し
    ていたのでは、国民の批判は免れないような気がしま
    す。

    この不況の中、現状の自分の身を守るので精一杯の人
    も数多くいます。

    民間に勤めている方々は、みんな将来に不安を抱えて
    生きていると言っても過言ではないかもしれません。

    そんな、国民の将来を軽視し続けていた社会保険庁を
    含む、その職員は一度キッチリと反省するべきだと思
    いますが。
    03/17|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    経済対策の一環として行われる高速道路の
    割引ですが、28日から2年間限定で本格
    的にスタートするそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090316-00000001-yom-soci

    専門家の声では、交通手段が変わるだけで
    経済効果はそれほど無いのでは?
    更に複雑過ぎる割引制度が利用者を混乱さ
    せるだけじゃないか?

    という声もあるようですが、さすがに地方
    の高速道路が1000円となれば、車で遠
    出しようという考える方は多くなると思い
    ますね。

    私も以前は車で東北地方とか、関西方面へ
    出かけていましたが、昨年のようにガソリ
    ン代が高騰して、さらに高速料金が高いと
    なれば出かける意欲も減るものです。

    それが高速代地方は1000円となり、ガ
    ソリン代も下がれば、今まで近県ですませ
    ていたところを、遠出してみようという気
    になるものです。

    旅行すればそれだけその土地にお金を落と
    してきますので、経済効果は高まると思い
    ます。
    ただもうちょっと単純にすべきとは思いますが。。

    ですが、今の自動車業界の底上げをはかる
    のであれば、まずは車の維持費を下げられ
    るような施策を打つべきです。

    重量税を下げたり、車検制度を見直したり
    すれば車の維持費はグンと下がりますので
    車を購入しようという人口も増えると思う
    のですが。


    03/16|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    損害保険大手の損害保険ジャパンと日本興亜損害
    保険が、来年の春にも経営統合する見通しのよう
    です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000114-yom-bus_all

    損害保険会社は今かなり厳しい状況なのではない
    でしょうか?

    損保といえば、一般の方が真っ先に思いつくのは
    自動車保険ですが、自動車業界はご存知のように
    かつて無いほどの大不況。

    車が売れなければ、保険に入る人もいなくなる。
    そりゃ経営的にきつくなるのは当然でしょう。

    損保会社は保険料の自由化をきっかけとして20
    00年頃に再編が相次ぎ、現在の大手6社体制と
    なりましたが、ここへきてさらなる再編が加速し
    大手3社体制となっていくようです。

    これにより、個別のサービスなど独自性がなくな
    り、競争も鈍化してしまうのは否めないのでしょう
    が、今の危機を乗り切るためには、最善の手段な
    のかもしれません。
    03/12|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    準大手ゼネコンの西松建設からの不正な政治献金
    疑惑ですが、民主党の小沢党首だけでなく自民党
    の議員にも捜査のメスが入ったようです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00001191-yom-soci

    西松建設は、自民党二階議員に対して個人献金を
    装い、毎年社員や家族名義で300万円を二階議
    員の個人口座に振り込んでいたそうです。

    この手の話はいつまで経っても無くならないのは
    どうしてなんでしょうか?

    日本の政治というか選挙制度ではどうしても大金
    が必要になる。
    そのため、よっぽどのお金持ちの議員以外の議員
    は本業の政治活動よりも資金集めにやっきになり
    ます。

    ですので、このような建設業界と癒着して手っ取
    り早く資金を調達しようとするのではないでしょ
    うか?

    そう考えると、本気で政治をやってくれる人間を
    選ぶには、ある程度政治家を止めても本業で生活
    出来る人間を選んだほうがイイのではないか?と
    思ってしまいますね。

    例えば、現在の大阪府知事の橋下知事は、ご存知
    のように本業は弁護士(タレント?)ですので、
    大阪府知事じゃなくたって十分生活できるという
    か、知事の方が収入が低いんじゃないでしょうか?

    ですので、別に知事を辞めてもいいや!という思
    いも少なからずあるでしょうから、大胆な改革に
    着手することが出来る。

    それが、議員が本職の人は選挙に落ちればただの
    人です。
    なので、選挙に落ちないように必死になっている。
    だから派閥にも入らなきゃいけないし、派閥の長
    に睨まれるような目立つ動きは出来ない。

    で、こそこそ資金集めをして本職はなんなのかを
    見失っているような気がします。




    03/10|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    民主党小沢代表の政治献金を巡る問題がかなり
    大きくなっているようですが、このままだと間
    違いなく衆議院選挙に影響するでしょう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000017-yom-pol

    世間では陰謀説も流れていますが、麻生首相の
    支持率が一桁台に落ち、反対意見の多かった定
    額給付金の支給が決まったというまさに絶妙の
    タイミングでの強制捜査ですので、そう感じて
    しまうのも仕方ないところです。

    実際に検察が政治の動きに留意して捜査を実行
    するとは考えずらいという見解を弁護士の方も
    言っているようなので、陰謀ではないとは思い
    ますが、本当のところはどうなんでしょうか?

    しかし、麻生総理と自民党にとってみれば、こ
    の騒ぎは渡りに船、どころか逆転満塁ホームラ
    ンくらいの衝撃があるかもしれません。

    定額給付金自体も、問題となっていたのはその
    金額の低さ。
    1万円弱(老人と子供は2万円)の給付をもら
    っても何の経済の発展にもならんだろ!という
    意見が多かったように感じていますが、実際に
    給付が始まると、お年寄りが満面の笑みで給付
    を受けている姿がテレビなどで流れる始め、気
    がつけば定額給付金万歳の方向にいきつつあり
    ます。

    この追い風状況の中、解散総選挙に打って出れ
    ば自民党の惨敗というような自体は防げるかも
    しれません。

    果たして、麻生総理はどのタイミングで選挙を
    狙っているのか?
    今後の動きが注目です。
    03/06|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    08年度第2次補正予算関連法が成立し、定額
    給付金の支給が4月から行われることとなった
    そうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000033-maip-soci

    なんともまぁ、こんなくだらない法案に関して
    コメントする気もおきないのですが・・・

    決まってしまったものはしょうがないので、受け
    いれるしかないですね。

    ただこの2兆円の使い道が、最大の無駄遣いに
    なるのか?となると、多少なりとも国民には還
    元しているので、そうともいえないのがこの法
    案の中途半端な部分なのでしょう。

    ですが、どう考えたって、一人アタマ1万2千円
    貰ったところで、その人の家計にどれだけプラス
    になり、経済的にどれだけプラスになるというん
    でしょうか?

    実際に我が家で1万2千円多く貰ったところで、
    その月の小遣いはちょっと浮くかもしれませんが
    翌月になれば、また元通りです。

    そんな一過性のものよりも、本当に必要としてい
    る層、例えば失業している方などの支援にあてた
    方が数倍有益だと思いますが。。。

    03/05|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    鳩山邦夫総務相が、日本郵政が計画している東京
    中央郵便局の高層化計画に対して、。「壊せば国
    辱もの」と反対の主張をしているそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000139-san-soci

    またまた鳩山邦夫総務相がトンチンカンなことを
    言っています。

    かんぽの宿の時も、ワケの分からない横槍を入れ
    て、オリックスへの譲渡に反対しましたが、この
    人はいったい何をしたいのでしょうか?

    日本郵政は既に民営化されている一企業です。
    その企業が今後の事業展開に必要としている、し
    かも1000億円規模の収益を見込んでいるプロ
    ジェクトに対して、今さら建物の文化的価値を考
    慮すべき的な発言をすることに何の意味があるん
    でしょうか?

    反対するのならもっと計画の初期の段階で反対す
    ることはできなかったの?

    選挙が近いから人気取りのためにやっているとし
    か思えないのだが・・・

    こんな世間の常識から逸脱した人間が大臣をやっ
    ているようじゃ日本の将来なんてたかがしれてし
    まいます。

    政界には、もっと日本の将来をキッチリと見据え
    た人物に立候補してほしいと心から臨みます。
    03/04|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    3日の東京株式市場は、アメリカの株式相場
    の急落の影響を受け、またまたバブル後の最
    安値を更新したそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000311-yom-bus_all

    まだまだ不況の波は、下げ止まらない状況の
    ようですね。

    昨年のリーマンショック時の、今後の展開を
    複数のアナリストが予想していましたが、去
    年のリーマンショックの頃が、不景気の入り
    口で、これから更に深刻な底を打っていくよ
    うな感じにいまのところなっているようです。

    一時期ブームになっていた株式投資やREITな
    どを手がけていた方は、今かなり厳しい状況
    にたたされているのかもしれません。

    やはり、資産運用というのは流行や信用でき
    ない他人の意見を真に受けてはいけないよう
    ですね。

    自分が参入したいと思う分野に関して、キッ
    チリと勉強して徹底的に調べ上げ、勝算があ
    ると思ったら勝負する。
    しかも確実に余力を残して勝負する!
    というのが勝利する確実な方法なんじゃない
    でしょうか?!
    03/03|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    三菱自動車水島製作所の部品メーカーを支援するため
    に、同所がある岡山県倉敷市が、三菱製の新車を購入
    した市民・法人に10万円の補助をする制度がスター
    トしたそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000510-san-soci

    トヨタや本田でも同様の動きがありましたが、市が補
    助をするというのはプラスになるでしょう。

    この不況で経営状態が逼迫している中小企業は多く、
    そんな中小企業からすれば、なぜ大手メーカーだけ
    優遇されるのか?という疑問も出るかもしれません
    が、大手メーカーの売上げがあがれば、その下請け
    も需要が増えるでしょうし、同地区の金融機関も動
    きが活発になり、それが結果的に経済の発展に繋が
    る可能性もあります。

    自動車が売れない現状ですので、なんとしても日本
    経済の根幹を支えてきた自動車業界を復活させる事
    が最重要課題ですので、各市町村でこのような動き
    がでるとかなり大きなプラス要因として働くのでは
    ないでしょうか?

    そういえば、先日ト○タのディーラーの真向かいの
    ファミリーレストランで食事をしていたんですが、
    新車を購入した客が、車で出て行くのを全社員(も
    ちろん作業着を着た整備スタッフも)が、出口の前
    に整列して敬礼をしていました。

    それだけ車、特に新車が売れない状況なんですね。
    03/02|日記やニュース||トラックバック(0)TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。