上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--|スポンサー広告||TOP↑
    まずは来年の合格のために2009年の社会保険労務士試験を振り返り、復習をしていきたいと思います。

    ======問題ここから======
    問10 誤っているものはどれか?

    A 労働保険の保険関係が成立した事業の事業主は、その成立した日の翌日から起算して10日以内に、労働保険徴収法施行規則第1条第1項に定める区分に従い、保険関係成立届を所轄労働基準監督署長又は所轄公共職業安定所長に提出しなければならない。

    B 東京、横浜、名古屋、大阪、神戸及び関門の港湾(その水域は、港湾労働法施行令別表で定める区域とする。)における港湾労働法第2条第2号の港湾運送の行為を行う事業は、当該事業を労災保険に係る保険関係及び雇用保険に係る保険関係ごとに別個の事業とみなして労働保険徴収法が適用される。

    C 労働保険徴収法第7条(有期事業の一括)の規定の要件に該当する立木の伐採の事業の規模は、素材の見込生産量が1,000立方メートル未満で、かつ、概算保険料の額に相当する額が160万円未満のものである。

    D 労働保険徴収法第7条(有期事業の一括)の規定の要件に該当する建設の事業の規模は、請負金額(一定の場合には、所定の計算方法による)が1億9千万円未満で、かつ、概算保険料の額に相当する額が160万円未満のものである。

    E 立木の伐採の事業は、労働保険徴収法において一元適用事業に該当する。
    ======ここまで======

    2009年択一式問題の労災徴収法第10問目です。
    資格の学校TAC発表の問題の難易度は「基本レベル」。

    ここは確実に得点しておきたい問題です。

    この問題はまず正解から。

    正解はEですね。

    立木の伐採は二元適用事業。

    この問題もこれさえ覚えておけば全然平気なんですが・・・こんな部分も迷っているようじゃダメなんだよね。



    スポンサーサイト
    01/28|FP3級コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
    まずは来年の合格のために2009年の社会保険労務士試験を振り返り、復習をしていきたいと思います。

    ======問題ここから======
    問9 誤っているものはどれか?

    A 労災保険暫定任意適用事業の事業主については、労災保険の加入の申請をし、厚生労働大臣の認可があった日に、労災保険に係る労働保険の保険関係が成立する。この場合において、当該申請書には、労働者の過半数の同意を得たことを証明することができる書類を添付する必要は無い。

    B 厚生労働大臣の認可を受けて労災保険に係る保険関係が成立した後1年を経過していない労働保険暫定任意適用事業の事業主は、当該保険関係の消滅の申請を行う事ができない。

    C 労災保険に係る保険関係が成立している労災保険暫定任意適用事業の事業主が、当該保険関係の消滅の申請をし、厚生労働大臣の認可があった日の翌日に、その事業についての当該保険関係が消滅する。この場合において、当該申請書には、当該事業に使用される労働者の過半数の同意を得たことを証明することができる書類を添付する必要がある。

    D 雇用保険に係る保険関係が成立している雇用保険暫定任意適用事業の事業主が、当該保険関係の消滅の申請をし、厚生労働大臣の認可があった日の翌日に、その事業についての当該保険関係が消滅する。この場合において、当該申請書には、その事業に使用される労働者の2分の1以上の同意を得た事を証明する事が出来る書類を添付する必要がある。

    E 労働保険徴収法では、雇用保険暫定任意適用事業の事業主は、その事業に使用される労働者の2分の1以上が雇用保険の加入を希望する時は、雇用保険の加入の申請をしなければならないとされており、この規定に違反した事業主に対する罰則が定められている。
    ======ここまで======

    2009年択一式問題の労災徴収法第9問目です。
    資格の学校TAC発表の問題の難易度は「基本レベル」。

    ここは確実に得点しておきたい問題です。

    この問題はまず正解から。

    正解はDですね。

    雇用保険の消滅は2分の1じゃなくて4分の3以上の同意。

    これさえ覚えておけば他の設問は知らなくても対応可能・・・なんですがそれじゃあまりにも不安ですよね(w

    *実際の問題と解答は公式ページをご参照ください。
    01/27|FP3級コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    まずは来年の合格のために2009年の社会保険労務士試験を振り返り、復習をしていきたいと思います。

    ======問題ここから======
    問8 誤っているものはどれか?

    A 労災保険の保険関係が成立している建設の事業が数次の請負によって行われる場合には、その事業を一の事業とみなし、元請負人のみをその事業の事業主としている。この場合において、雇用保険に係る保険関係については、元請負人のみをその事業の事業主とするのではなく、それぞれの事業ごとに労働保険徴収法が適用される。

    B 労災保険の保険関係が成立している建設の事業が数次の請負によって行われる場合には、その事業を一の事業とみなし、元請負人のみをその事業の事業主としている。この場合において、元請負人および下請負人が、当該下請負人の請負にかかる事業に関して、所轄都道府県労働局長の認可があったときは、当該請負に係る事業については、当該下請負人が元請負人とみなされる。

    C 常時300人以下の労働者を使用する建設の事業の事業主は、事業の期間が予定される有期事業(一括有期事業を除く)については、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託することはできない。

    D 労災保険に係る保険関係が成立している事業のうち建設の事業の事業主は、労災保険関係成立票を見易い場所に掲げなければならない。

    E 労災保険に係る保険関係が成立している事業のうち請負による建設の事業であって、賃金総額を正確に算定する事が困難なものについては、その事業の種類に従い、請負金額(一定の場合には、所定の計算方法による)に労務費率を乗じて得た額を賃金総額とする。
    ======ここまで======

    雇用保険も終わり、本日から徴収法に入っていきます。

    徴収法はキッチリ理解していれば得点の獲りやすいカテゴリなんですが、ちょっと習熟度が甘かったらしく結構やられちゃいました。

    今年はしっかり理解を深めたいですね。。。

    ということで問題に入ります。

    2009年択一式問題の労災徴収法第8問目です。
    資格の学校TAC発表の問題の難易度は「基本レベル」。

    ここは確実に得点しておきたい問題です。

    この問題はまず正解から。

    正解はCです。

    労働保険事務組合に委託できるのは、

    ①常時50人以下の金融・保険・不動産・小売

    ②常時100人以下の卸売・サービス業

    で①②以外の300人以下の事業なので誤り。

    冷静に考えれば簡単なのだが・・・

    *実際の問題と解答は公式ページをご参照ください。

    01/25|FP3級コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
    週刊誌に隠し子騒動などの報道をされた西武の
    大久保コーチですが、今度は内部機密の漏洩騒
    ぎで報道されているようです。

    泥沼状態ですね。。

    今年、Bクラスからいきなり日本一に輝いたのは
    渡辺監督の手腕もありますが、重量打線を築きあ
    げたデーブの力も大きいと思います。

    ですが、西武としてもここまでいろいろ問題の
    ある人間はおきずらいでしょう。。
    来年もデーブがユニフォームを着ていることを
    望んでいます。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000090-sph-base
    11/28|FP3級||TOP↑
    山梨県で、結婚式を予定していたホテルのホール
    を放火した男性が逮捕されたそうですが、放火の
    理由が「結婚できない事情があったので火をつけ
    た」とのことです。

    この男性39歳なんだそうですが、結婚する前に
    別れてしまったんでしょうか?
    それとも浮気が発覚したとか?
    実は、結婚詐欺だったとか?

    と、結婚できない理由があったにせよ、いい大人
    なんだからちゃんとキャンセルくらいしろよ!と
    いう感じです。

    火をつけてどうやって逃げようとしたのか・・・
    全く意味が解かりませんよね。。。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000088-sph-soci
    10/27|FP3級||TOP↑
    お薦め講座情報
    通信講座ならユーキャンの社労士講座が完成度・サポート制度共に圧倒的に優れています。


    通学なら自分の好みのスタイルに合わせられて割引制度も充実しているTACを推奨します。


    驚きの低価格でDVD講座を受講するならフォーサイト
    社会保険労務士
    最近の記事
    プロフィール

    きよまる

    Author:きよまる
    アラフォーでイクメンの会社員が2010年の社労士試験に合格しました。

    社会保険労務士に合格するには、間違った勉強方法を続けないことが重要です。
    合格率が9%を下回る難関資格ですが、努力が必ず報われる資格試験ですので諦めずに最後まで頑張りましょう。

    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    ブロとも申請フォーム
    ブログ内検索
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。